焙煎ごぼう茶

ゴボウにはポリフェノールであるクロロゲン酸が豊富に含まれています。
クロロゲン酸は、ゴボウを水にさらしたときに出てくる茶褐色の成分で、コーヒーにも含まれ、抗酸化作用があります。

ゴボウを長く水にさらすとクロロゲン酸が失われてしまうので、【皮はむかない、水にさらさず、すぐ調理する、大きめにゴロンと切る】ことがゴボウ調理の三大新常識となっているそうです。

ゴボウの根の部分を野菜とするのは日本と一部の地域の特徴で、多くの国では葉の部分を野菜として、根や種の部分を漢方薬として使用されることが多いようです。

★そんなごぼうがお茶になりました!!
国産ごぼうを100%原料にしたお茶です。

¥ 580

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料600円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。